美しいモノ、おもしろいコト、あたたかいヒト。 重度知的障害を伴う自閉症スペクトラムの娘すずとの暮らしは、 それらを発見する小さな喜びにあふれる毎日です。 笑いと涙がてんこ盛の日々を気まぐれに綴ります。


by suzu-mama

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Works 〜「ノーマラ伊豆の国」ポスター・ホームページを作りました〜

「ノーマラ伊豆の国」ポスター(4種類)・ホームページを企画・制作しました。
12月3日〜の「障害者週間」スタートに合わせて、伊豆の国市役所、アピタ大仁店、伊豆箱根鉄道駿豆線の駅などで随時掲示されます。

f0368771_16115809.jpg
↓ 伊豆箱根鉄道駿豆線の各駅で違うポスターが見られます。
f0368771_09250034.jpg

f0368771_16334411.jpg

紙芝居『すずちゃんののうみそ』を読んで、この紙芝居のようにわかりやすくて親しみやすい障害理解のためのツールができないか、と伊豆の国市障がい福祉課の方からご相談いただき、実現しました。

ご依頼は、福祉でいう「4障害(身体障害、精神障害、知的障害、発達障害)」について、興味をもって読んでもらえるような絵本のようなパンフレットか何か、というざっくりとしたものでしたが、「絵本のようなパンフレット」となると、イラストをプロの方に依頼しなければ良いものはできませんし、4種類作るにはかなりのコスト、時間、手間がかかります。(絵本の編集は、出版社さんや作家さん、画材や絵の描き込み具合にもよりますが、企画から発刊まで年単位の長い期間を要します。)

それに、役所に置いてある福祉関係のパンフレット類って、福祉関係者や障害のある方の家族以外はなかなか手に取ったり持ち帰ったりしない、学校や幼稚園、保育園で配布したとしても破棄されて読んでいただけないことが多いように思います。
(申し訳ないですが、正直、私も冊子のタイトルや見出しを見て興味がないと、冊子型の資料は読まずに捨ててしまうことがあります。)

そこで、かねてから娘がもっている障害、自閉症のことを理解してもらうために、個人的に作ろうかとあたためていた企画「障害をあつかった絵本のイラストをメインビジュアルとして障害のことを知ってもらうポスター」をご提案しました。
絵本仕立てのパンフレットを一から作らなくても、障害について描かれたすぐれた絵本はたくさんあります。それらはイラストも印象的で、文章も親しみやすく、福祉、障害に関係なく感動をあたえてくれるものばかりです。そのイラストをメインビジュアルにすれば、親子で興味をもって見ていただけるのではないかと考えたのです。

学校、病院、スーパー、駅、電車・・・など、障害のある方もない方も訪れる、ちょっと待ち時間があって、ポスターを眺める余裕のある空間に貼りたい、ということでご提案しました。

ノーマライゼーション(障害者などの少数派〈マイノリティ〉の方にも、一般市民と同様の普通〈ノーマル〉の生活・権利などが保障されるように環境整備を目指す社会理念。障害者には、一人ひとりに合った個別の支援が必要な一方、少し環境そのものを整備することで、一般市民と同様の普通の暮らしができるようになるので、障害者が置かれている生活の諸条件を社会の一般的な文化・慣習・規範の基準に照らしながら、通常化/正常化〈ノーマライズ〉しようとする考え方)ということばは、福祉や教育関係者の間では聞かれるようになりましたが、一般の人にはあまり知られていません。
教育や介護の業界で、障害者に対して、一人ひとりに合った個別のサポートをしていくことが大切であることは少しずつ浸透してきたように思いますが、その一方で、そもそもの生活環境を、障害者を含めた誰もが暮らしやすい状態にするべく、さまざまな条件を想像して整え、通常化していこう、という社会づくり全体の概念、ノーマライゼーションが広がることもとても大切なことなのです。

ことばとともに、こうした概念・意識を多くの方にもっていただけたらいいなと思い、「ノーマライズ」と「伊豆の国市」をかけ合わせた「ノーマラ伊豆の国」活動を企画し、ポスター・ホームページ制作をしました。
(提案当初は「ノーマラ伊豆半島」という企画だったのですが、まずはご縁あって紙芝居を見てすぐにお声かけいただいた伊豆の国市からはじめることに。)

掲載させていただいた絵本の出版社さんのご好意で、メインビジュアルに絵本のイラストを使用させていただけたことで、ポスターとしてもかわいい・きれいなものになったと思います。

街で見かけたら、どうぞお子さんと一緒にクイズを解き、図書館などで絵本を手にとって読んでみてください。

クイズの回答と絵本の紹介は、
伊豆の国市「障がい福祉」「伊豆の国市地域自立支援協議会」ホームページに掲載しています。
ポスターは、「ボスター拡大(PDF)」というリンクから、拡大表示、プリントアウトできます。


※自閉症のポスターでは『すずちゃんののうみそ』を紹介していますが、岩崎書店さんから、紙芝居ではなく絵本として出版されることになりました! 2018年1月20日発売です。お近くの書店やネット書店で予約注文できます。



[PR]
# by take-suzu_2016 | 2017-12-04 16:23 | 仕事のご依頼 | Comments(0)

自閉症のパニックを見かけたらどうする?

パパが、こんな記事を見つけました。
↓タッチして拡大でご覧ください。
f0368771_20395479.jpg
あるある〜。泣けるっ。
私もちょいちょい道端で、パニックを起こしたすずと2人で絡まって(服にかみつかれて)座り込んでいることがあります。「変な光景ですよね、すみませんすみません、お騒がせしてすみません、道をふさいですみません」などと思いながら、すずがクールダウンできるように必死で声かけしたり手や頭をマッサージしたりしていて、なかなか声を出すことはできません。
かなりじろじろ見られることもありますが、慣れてきました。自閉っ子のパニックを街の人に見慣れてもらう機会になっていいかなあ〜なんて座り込みながら考える余裕も出てきました。

声をかけられたくないママもいると思うので難しいですが、私は「何か手伝おうか?」などと声をかけてもらえるとうれしいですし、「パニックかな?大丈夫?」なんて声をかけてくれる人が増えるほど自閉症の理解が進むといいなあと思います。

でもすず、この頃背が伸びて、寝技をかけられたように起き上がれないことがあって、大きな子どもに乗っかられてしかりもせず(しかるとパニックがひどくなるので)必死に「大丈夫だよ〜」ってあやしているお母さんってとっても変な光景だから、声かけるの勇気いるだろうなあ(汗)。


自閉症のパニックを見かけたときの対応、パニックを起こしている原因やその人の感覚過敏の度合いなどでさまざまですし、親御さんの感じ方もそれぞれなのでどれが正解ということはないのですが、記事にあるように、思いやりや想像力をもって「何もしない」というだけでもとてもありがたいなあと思います。

[PR]
# by take-suzu_2016 | 2017-11-30 14:53 | パニック対応 | Comments(0)

母の三十三回忌

10月19日。今日は母の命日です。
今年は三十三回忌、弔い上げなので、先週の土日にささやかな法事をしました。
f0368771_10171151.jpeg
↑「ありがとうございました。」は、母の直筆。


亡くなったのは、母46歳、私が高3の10月でした。
心筋梗塞で突然亡くなったので、大学受験のことも、これからの生活のことも何も考えられなくて、頭が真っ白な数カ月を過ごしました。
忌引きの後どんな精神状態で通学して、受験して、大学に行って、普通に暮らしていたのか、記憶が途切れ途切れで、高3から大学1年のときのことは、思い出せない部分もあります。
本当につらい記憶はばっさり削除しちゃったみたいです。
そのくらい、母の死は、大きなショック、人生最大の悲劇・苦難でした。
(その後もびっくりするくらいたくさんの苦難が降りかかり、乗り越えて乗り越えて今があるのですが)

それが、こんなに笑って法事ができるようになるなんて。
f0368771_10201123.jpeg
本当は、三姉妹(+パパとすず)でひっそり読経だけしてもらうつもりだったのですが、最後の法事なので、一番よく遊んだ母の妹家族(私の叔母と従兄弟)、従姉妹のお姉ちゃんに「弔い上げになるから、温泉旅行をかねて来てくれる?」と声をかけたら、忙しい中集まってくれました。

子どものころから母を知っている人と思い出話をしていると、母のいるころの自分や空間に戻ったみたいで、ひどく懐かしく、母と話したいという気持ちが溢れてきて、一人だったら大泣きしてるところでしたが、目の前には多動でお調子者のアイドル、すずがいます。
ピューっと走り回って誰かの膝に着地して甘えたり、かと思ったらさっきまで調子よくやっていたハイタッチを急にしなくなったり、終始ご機嫌で、予測のつかないコミカルな動きをするすずのおかげで、笑いの絶えない明るい弔い上げとなりました。
f0368771_10303141.jpeg
f0368771_10305478.jpeg
f0368771_10310848.jpeg
f0368771_10313150.jpeg

おばちゃん、従兄弟(従姉妹)のみんな、今回お会いできなかった親戚のみなさん、友人たち、パパ、パパの両親・親戚、うちの姉妹、すず。
みんなのおかげで大変ながらも笑える今があります。ありがとう。

それにしてもすず、赤ちゃんの時にしか会っていない叔母や従兄弟にもにこにこと接し、とっても楽しかったよう^_^
いろんな発達は途方にくれるくらい遅いけど、人が好きで、ある意味コミュニケーション力の高い子に育ってくれているようでよかった〜。亡くなった母ゆずりかな( ◠‿◠ )

今思い起こしてみると、亡くなる前は疲れている顔をしていた時もあったけど、母はいつも笑顔の人でした。
私も、すずに負けず、母のように笑っている人でいよう。
お母さん、ありがとう。お疲れさま。これからも見ててや〜。

[PR]
# by take-suzu_2016 | 2017-10-19 10:45 | ひとりごと | Comments(0)

カテゴリ

全体
* はじめに *
誕生
療育
保育園まで
就学のこと
診断・リハビリ
おでかけ



福祉サービス
仕事のご依頼
障害とアート
自閉症児グッズ
ひとりごと
ASD Awareness
ことば
パニック対応
問題行動と対応

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月

検索

最新の記事

Works 〜「ノーマラ伊豆..
at 2017-12-04 16:23
自閉症のパニックを見かけたら..
at 2017-11-30 14:53
母の三十三回忌
at 2017-10-19 10:45
チャレンジおでかけ3連発
at 2017-08-18 11:30
パニック・かんしゃく時のクー..
at 2017-07-26 12:08
すず、7歳8か月 〜自分の名..
at 2017-06-12 09:50
小さなデザインや「竹鈴商店」..
at 2017-05-01 09:00
すず、保育園卒園から1年。紙..
at 2017-03-25 17:05
にじみ出る日常のアート 〜..
at 2017-02-24 17:19
ピープルファクトリー在廊中の..
at 2016-12-14 09:31

画像一覧